笑う猫には福来たる。

綾辻行人 「暗黒館の殺人」

b0002268_045475.jpg
前作「黒猫館」のノベルズ発表から約12年ぶりという館シリーズの最新刊。

私が館シリーズにはまったのは去年なので、12年ぶりといってもあまり感慨はないわけですが、館シリーズを発表と同時に読んでいた読者の「まだかー!」っていう怨念と作者自身の「待たせたなー」っていう執念のこもった、めちゃめちゃ気合いの入った作品でした。



とにかく長い小説で、複雑な人間関係はまるで横溝正史のような、狂信的な思想で現実感が気薄になっていく様は京極堂のような、少々のホラー味は小野不由美のような、前時代的な雰囲気は江戸川乱歩のような感じで、ずーっと○○みたいだなーって思いながら読んでしまいました。
要するにミステリとして謎解きを楽しむには、長いわりにいまいちかなーなんて思ってたのです・・・。

が!物語も終盤を迎えおおよその謎が解き明かされたとき、衝撃の一行が!!
「おー!そうきたか!」
この瞬間、初めて「十角館」を読んだときの衝撃が蘇りました。
この一行で「暗黒館」を読書中ずっと感じていた漠然とした浮遊感のようなものが解け、収まる所にきっちり着地したという気持ち良さを感じました。

館シリーズは順不同で読んでも楽しめますが、この暗黒館だけはやはり最後に読むべきですね。ネタバレはもちろんないですが、小説の中で過去の館にまつわるエピソードがいっぱい出てきますので。
そういう意味でも現時点で館の総決算といって良い小説でしょう。

次作も気長に待とうと思います。
いろんな謎や「その後」もまだ残ってることですしね。
[PR]
by waraneko | 2005-06-22 11:34 |
<< 修斗vsパンクラス 愛車 【JEEPチェロキーリミ... >>


本ネタ・格闘技ネタが中心になってきちゃったブログ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
リンク
最新のコメント
★cocoro3338さ..
by waraneko at 05:28
お久しぶりです。 私も..
by cocoro3338 at 21:30
あー何か分かります 関..
by スラッカー at 04:16
★mintslifeさま..
by waraneko at 12:43
こんばんは。 TBS、..
by mintslife at 23:37
こんにちは。 トラック..
by 藍色 at 16:04
最新のトラックバック
永遠の出口 森絵都
from 粋な提案
[動画]4.5 DREA..
from 総合格闘技(MMA)の動画と..
DREAM.8 PPV実..
from 格闘技好きのブログ!
観葉植物
from 観葉植物
DREAM.7 スカパー..
from 格闘技好きのブログ!
ユーチューブ 中山功太
from かでなれおん 画像 動画 写..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧