笑う猫には福来たる。

【PRIDE無差別級GP2006 2ndROUND】 PPV観戦

■PRIDE無差別級GP2006 2ndROUND 7/1(土) さいたまスーパーアリーナ■

桜庭が去り、フジも去り、PRIDEの存続さえ危ぶまれる中での今日の大会。
選手は最高の試合を行い、それを見たい人間がお金を払い観戦する。
それが本来の格闘技のありかたというなら、足を運びたくても出来ない人間にとってPPVは生命線。これがなくなったらスカパーに抗議しまくりますよ、ほんと。

でもさ、フジがいなくなってせっかく放送席が硬派になったのに、あの若い女の子いる?吉岡美穂はまだ許すとしても、もう一人の子にギャラ払うのもったいなくない?お金は大切に使ってほしいよね。



【×エジソン・ドラゴvsパウエル・ナツラ○】1Rアームバー
ナツラ念願の一勝。しかも得意のグラウウンドで会心の一本勝ち。ドラゴのパンチは当たればKO級だけど、グラウンドでの防御はまったくの素人ですね。パンチをもらわないことと、スタミナのもつ早い時間で勝負を決めたということで、ナツラの作戦通りに進んだ試合でした。

【○中尾“KISS”芳広vsイ・ウンス×】1Rドクターストップ
序盤から上になりパウンドを打ち続けた中尾。ウンスの左目が尋常じゃないぐらい腫れて骨折の疑いありということでドクターストップ。中尾の圧倒的勝利。

【×高橋義生vsビクトー・ベウフォート○】1RKO
打撃対決はビクトーの左ショートフックが高橋のアゴを的確にとらえ、KO勝ち。
義生選手はPRIDEでは壮絶なKO負けばっかりだね。頑張って欲しいけど・・・。

【○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラvsアリスター・オーフレイム×】1RTKO(タオル投入)
1Rはアリスターが有利に試合を進めていて、スタンドでもハイを見せながらローをホジェのももにコツコツといれダメージを与えていたし、1R後半グラウンドになってもガードが堅く、しかも下から打撃で応戦するなど、今日のアリスターはいいなって印象でした。しかしアリスターって2Rに入ると急にスタミナがなくなってガタガタになるのね。そこをホジェリオに攻められ、打撃を少しもらって下がったらタオル投入でTKO負け。
前回のヴェウドゥム戦でも2Rは集中力を欠いてたし、スタミナに不安があるなら、1Rで決着付けなくちゃ、ですよ。その辺の詰めが甘いんですよねアリスターって。

【○中村和裕vsエヴァンゲリスタ・サイボーグ×】1Rアームロック
カズ、サイボーグを完全に封じての一本勝ち。試合開始早々グラウンドの体勢になりハーフポジションをキープしつつ、サイポーグの顔面にパンチを落とし続ける。最後はなすすべのないサイボーグの右肘を極め、きっちり一本勝ち。気持ち良かった。サイボーグは久しぶりに見たけど、相変わらず凶悪顔でしたね。

2回戦【○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsファブリシオ・ヴェウドゥム×】判定3-0
レベルの高い攻防戦でした。スタンドでは若干ノゲイラが優勢だったけど、クリーンヒットと言えるほどのパンチは入れられなかったし、ヴェウドゥム独特のスウェーで結構かわしてましたしね。グラウンドの攻防でもノゲイラとあそこまで同等に戦える選手あんまりいないですよ。ノゲイラの動きがいつもより緩慢に見えたのも、ヴェウドゥムの寝技技術が高いことの現れでしょうし、実力が拮抗していたからでしょうね。良い試合見せてもらいました。紙一重、ほんと僅差でしたけど、ノゲの勝ちですね。でもヴェウドゥム強いよ。

2回戦【×藤田和之vsヴァンダレイ・シウバ○】1RTKO(タオル投入)
これぞシウバ、というような怒濤の打撃攻撃により藤田を粉砕。でも藤田も良く頑張りました。9分も戦ったし、シウバの打撃あれだけもらって、たぶん意識飛んでると思うけどまだ組み付いていこうとする姿勢、野獣の名に恥じない戦いぶりでしたね。

2回戦【○ジョシュ・バーネットvsマーク・ハント×】1Rアームロック
ジョシュは総合ファイターとしてのポテンシャルが高いですね~。ハントと殴り合うような愚は犯さず、得意の寝技に持ち込み、あっという間に優位なポジションを奪ったかと思ったら、華麗な動きでアームロックの体勢に。まるで寝技の手本を見ているかのようでした。名勝負製造器のハントもさすがに今日は何も出来なかったね。

2回戦【×吉田秀彦vsミルコ・クロコップ○】1RTKO(タオル投入)
ミルコ強い。吉田はミルコの右のローをもらい続けダウン、最後は立てませんでした。吉田が途中、ミルコに「顔面打ってこい」みたいなジェスチャーで挑発してたけど、このままローを蹴られ続けるぐらいならハイをもらった方が良いってことだったのかも。吉田はグラウンドで勝負出来なかったのが痛いよね。でもミルコは腰が重くて倒れないし・・・ある程度立ち技で勝負しなくてはいけなかったんだけど、持ちこたえることが出来ませんでした。

FINAL ROUNDに駒を進めた4人、ノゲ・シウバ・ジョシュ・ミルコの戦いが楽しみです。
[PR]
by waraneko | 2006-07-01 19:40 | 格闘技
<< 【K-1 WORLD MAX ... 梨木果歩 「沼地のある森を抜けて」 >>


本ネタ・格闘技ネタが中心になってきちゃったブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
リンク
最新のコメント
★cocoro3338さ..
by waraneko at 05:28
お久しぶりです。 私も..
by cocoro3338 at 21:30
あー何か分かります 関..
by スラッカー at 04:16
★mintslifeさま..
by waraneko at 12:43
こんばんは。 TBS、..
by mintslife at 23:37
こんにちは。 トラック..
by 藍色 at 16:04
最新のトラックバック
永遠の出口 森絵都
from 粋な提案
[動画]4.5 DREA..
from 総合格闘技(MMA)の動画と..
DREAM.8 PPV実..
from 格闘技好きのブログ!
観葉植物
from 観葉植物
DREAM.7 スカパー..
from 格闘技好きのブログ!
ユーチューブ 中山功太
from かでなれおん 画像 動画 写..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧