笑う猫には福来たる。

海堂尊 「ナイチンゲールの沈黙」

b0002268_19585089.jpg  「チームバチスタの栄光」の続編ということで、医療をテーマにした硬派なミステリーを期待していましたが、おもいっきり肩透かしを食らいました。これはミステリーではなく、ファンタジーですね。まあ事件も起きることから、ファンタジーサスペンスとでもいいましょうか。

 確かに舞台はバチスタと同じ大学病院ですし、バチスタで活躍したメディカルモンスターの白鳥や不定愁訴外来の田口などもでてきます。が、脇役なんですね。



 というか、この作品脇役だらけなのです。やたらと登場人物が多く、しかも中途半端にキャラが立っているため、物語が全体的にザワついています。恐らくストーリーに厚みを持たせたかったのだろうと思いますが、本筋とは関係のないエピソードを盛り込みすぎて本筋の方向性が定まらず、かえって散漫な印象の小説になってしまいました。
 逆に主要人物の掘り下げはいまひとつで、特に女性の人物描写はもっと勉強して欲しいですね。作者の女性像が画一化してしまっている影響なのでしょうが、どの女性も感情的で気分にムラがあるように描かれており、個々の性格が掴みにくいと同時に魅力を感じません。

 とまあいろいろ不満はあるのですが、この小説ならではの良いところももちろんあります。特に犯人が罪を告白するシーンは素敵でした。今までにない斬新で清廉な告白方法が取られているのですが、それが美しくて哀しいラストを彩っているのです。
 この斬新な能力にスポットを当てて描ききってくれれば、もっと面白い小説になっていたのではないかなぁと思い、ちょっと残念です。

 作者の海堂さんは、まだ作風に迷いがあるみたいですね。基本的には硬派なミステリーよりも、ファンタジー色の強い小説を書きたいのではないかと感じます。でも医療は外したくないのでしょうね。現役の勤務医だそうですから。これからはテーマと作風のマッチングがミソになってきそうです。
[PR]
by waraneko | 2007-03-21 20:10 |
<< 【CAGE FORCE 02】 世界陸上マラソン女子代表決まる。 >>


本ネタ・格闘技ネタが中心になってきちゃったブログ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
永遠の出口 森絵都
from 粋な提案
[動画]4.5 DREA..
from 総合格闘技(MMA)の動画と..
DREAM.8 PPV実..
from 格闘技好きのブログ!
観葉植物
from 観葉植物
DREAM.7 スカパー..
from 格闘技好きのブログ!
ユーチューブ 中山功太
from かでなれおん 画像 動画 写..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧