笑う猫には福来たる。

カテゴリ:本( 99 )

綾辻行人 「びっくり館の殺人」

b0002268_1747497.jpg
 館シリーズ最新刊はミステリーランドからの発行で、子供でも容易に読める内容になっています。

 しかし、子供が面白いと思うかどうかははなはだ疑問。
 ミステリーランドの購読ターゲットを主人公と同年齢の小学校高学年に設定しているとすると、内容がかなりショッキングで怖すぎます。しかも数々の疑問を残したまま終わっているのも気に入りませんし、どうも後味の悪い小説ですね。

More
[PR]
by waraneko | 2006-04-29 17:51 |

雫井脩介 「クローズド・ノート」

b0002268_20414225.jpg
雫井脩介氏の新刊はなんと恋愛小説。
しかもめちゃめちゃピュア。

 とてもあの「火の粉」や「犯人に告ぐ」を書いた作家と同一人物とは思えず、読書中何度も表紙を見て、作者の名前を確認したほどです。それぐらい今までとは作品イメージが異なる小説ですが、それ故に作者の懐の深さと器用さを再確認した一冊でした。

More
[PR]
by waraneko | 2006-04-21 20:45 |

畠中恵 「しゃばけ」

b0002268_11152138.jpg
 第13回(2001年)日本ファンタジーノベル大賞受賞作です。
江戸の商家を舞台に、ひ弱な若旦那と妖(あやかし)達が活躍するファンタジーミステリーです。

 妖がたくさん登場しますが、それぞれのキャラクターがしっかり立っていて想像しやすく、楽しく読むことができます。

More
[PR]
by waraneko | 2006-03-23 11:16 |

天童荒太 「包帯クラブ The Bandage Club」

b0002268_19115037.jpg
 いままで読んだ天童荒太作品に比べると、本は薄いし小説の始まりは軽いし、これは失敗だったかなとも思いましたが、そこは天童荒太さん、読み進んでみれば「巧い」「読ませる」「感動させる」の三拍子そろった天童さんらしさ満載の小説でした。
 
 とはいえ、やはり天童さんにはど~んと重厚な長編を期待してしまいます。しかし、王様のブランチで「永遠の仔」の秘蔵執筆ノートを公開していましたが、一作書くたびにあの作業を行うのであれば、あと5年くらいは発表できそうもないですね。。。

More
[PR]
by waraneko | 2006-03-18 19:13 |

乃南アサ 「凍える牙」

b0002268_1451626.jpg 初、乃南アサです。
“なぜ今まで読まなかったのだろう!?”と少々後悔してしまうほど、面白い小説でした。

 乃南アサさんに関しては「読まず嫌い」というか、メジャーすぎて食指が動かなかったというか、私にとって西村京太郎とか赤川次郎の位置にあったんですよね。
もったいないことをしてしまいました。

More
[PR]
by waraneko | 2006-03-07 22:53 |

高野和明 「K・Nの悲劇」

b0002268_21535251.jpg
 高野氏の小説は場面描写の細かさとストーリー展開の速さが特徴的でリーダビリティのある小説が多いのですが、やはりこの小説も一気読みでした。

 妊娠した妻が経済的な理由から一度は中絶に同意するものの、「子供を生みたい」という本当の気持ちとの葛藤の末別人格に憑依され、その憑依人格が中絶を阻止し子供を守ろうとするストーリーです。

More
[PR]
by waraneko | 2006-03-04 21:59 |

森絵都 「いつかパラソルの下で」

b0002268_22443726.jpg
 表紙の写真、人のいない海岸で爽やかな印象なのですが、よく見ると空には雲が広がっていて抜けるような青い空ではありません。それが、この小説の主人公“野々”の心情を象徴しているのでしょう。

 主人公が抱えているコンプレックス。それを打破するきっかけとなるのが、亡くなった父親の隠された秘密。

More
[PR]
by waraneko | 2006-02-17 22:53 |

荻原浩 「明日の記憶」

b0002268_205844.jpg
 若年性アルツハイマーに侵された主人公が、自分の運命を恨み、もがき苦しみながらも、病気と正面から向き合っていく姿を描いた感動作。

 眩暈、頭痛、不眠、重度の物忘れ、決して珍しくないこれらの症状にアルツハイマーという病気が隠れていたら・・・。まるで人ごととは思えない内容に本気で怖さを感じながらも、症状が進行していく主人公の動向が気になり、ページを繰る手が止まりませんでした。

More
[PR]
by waraneko | 2006-02-13 21:24 |

恩田陸 「夜のピクニック」

b0002268_22423642.jpg
 2005年本屋大賞を受賞した本書は、噂どおりの素敵な小説でした。
 ピクニックとは言い難い、一昼夜をかけて80kmを歩く過酷な行事「歩行際」に、それぞれの思いを抱きながら挑む高校生を描いた瑞々しい青春小説です。
 読んでいる途中、見たことのある情景と高校生の紡ぐ言葉のひとつひとつが心に響いてきて、ノスタルジーで胸が一杯になります。

More
[PR]
by waraneko | 2006-02-01 22:57 |

古川日出男 「ベルカ、吠えないのか?」

b0002268_21451657.jpg
 いきなり脱線してマンガの話になりますが、「マスターキートン」の話のひとつに軍用犬を題材にしたものがありました。その話を読んだとき、兵器として訓練された犬に人間が太刀打ちするのは不可能と知り、戦慄を覚えたものです。
そしてこの「ベルカ、吠えないのか?」で再び戦慄、加えて確信しました。
やっぱり、犬は最強なのだと。

More
[PR]
by waraneko | 2006-01-24 21:45 |


本ネタ・格闘技ネタが中心になってきちゃったブログ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
リンク
最新のコメント
★cocoro3338さ..
by waraneko at 05:28
お久しぶりです。 私も..
by cocoro3338 at 21:30
あー何か分かります 関..
by スラッカー at 04:16
★mintslifeさま..
by waraneko at 12:43
こんばんは。 TBS、..
by mintslife at 23:37
こんにちは。 トラック..
by 藍色 at 16:04
最新のトラックバック
永遠の出口 森絵都
from 粋な提案
[動画]4.5 DREA..
from 総合格闘技(MMA)の動画と..
DREAM.8 PPV実..
from 格闘技好きのブログ!
観葉植物
from 観葉植物
DREAM.7 スカパー..
from 格闘技好きのブログ!
ユーチューブ 中山功太
from かでなれおん 画像 動画 写..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧