笑う猫には福来たる。

職人の味 「とき」

 武蔵野うどんに目覚めた私が有名どころ「きくや」の次に訪れたのが、こちらも美味しいと評判の「とき」です。

b0002268_20322340.jpg 「とき」は4人席3卓・カウンター11席の小さなお店ですが、配置がすっきりしており席の間隔も広めにとってあるのでゆっくりくつろげる雰囲気です。



 ご夫婦で切り盛りしているとの情報を事前に得ていたのですが、私が行ったときは大将がひとりですべてを行っており、大変忙しそうでした。ですから当然水はセルフサービス。注文も大将の手が空いたところでタイミングよく行わなければいけません。
 「とき」はメニューも豊富で、かけ・カレーなどの丼系うどんもあり、大もり(100円増)ばかもり(200円増)大ばか(300円増)も選べます。私は定番の肉汁うどん(650円)を注文。出てくるまでカウンターで大将の仕事振りをじっくり観察させていただきました。カウンターの中で立ち働く大将の動きにはまったく無駄がなく、こだわり職人そのもので、見ていて楽しくなります。
 うどんはもちろん手打ち、そして3つおかれた大きな釜で注文を受けてからガンガン茹で始めます。茹であがったうどんは水を流しっぱなしのシンクに放り込まれ、きゅっと締められてからざるに盛られます。肉汁も注文ごとに鍋で作っているようで、ばら肉は煮込まれすぎず、ジュージーで甘い食感が残されています。
 この日はいっきに注文が集中したこともあり、うどんが出てくるまで20分を要しましたが、「お待たせ、すごく熱いから気をつけて食べてね。ほんとに熱いから」といって出された肉汁うどんを見たら、待ったという意識はまったく湧かず、期待感だけが膨らんでくるのでした。

b0002268_20341630.jpg うどんは細めで、色は地粉のグレーというかベージュ系。茹でたてツヤツヤです。肉汁はばら肉とねぎが入っていて熱々。糧はねぎのみです。
 うどんは細めですが、コシは驚くほど強く噛み応えがあります。肉汁はうどんに負けない濃い目の味付けでばら肉の旨みが効いており、両者の相性はばっちりです。うどんと肉汁のみのシンプルな組み合わせですが、最後まで飽きることなく無心で完食してしまいました。
 うどんの一番下には「とき」の名物にもなっている幅の広いうどん“当たり”がちゃんと入っていました。“当たり”は打ったうどんの端っこの部分のようで、形状は一反木綿ですが、この部分のコシも相当なものです。
 
 頑固おやじっぽく見えた大将も、店が落ち着くにつれ常連客とにこやかに話しだし、優しくて気のいいおじさんという印象になりました。大将の大きくて厚い手によって一から作られる武蔵野うどんは、まさに職人の味なのでした。

■とき■
営業時間 11:30~15:30、17:30~20:30
定休日  日曜日
住所   東村山市野口町1-7-10
電話   042-394-9800
[PR]
by waraneko | 2006-09-08 20:38 | 東村山グルメ
<< 【PRIDE無差別級GP200... 【K-1 WORLD MAX ... >>


本ネタ・格闘技ネタが中心になってきちゃったブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
永遠の出口 森絵都
from 粋な提案
[動画]4.5 DREA..
from 総合格闘技(MMA)の動画と..
DREAM.8 PPV実..
from 格闘技好きのブログ!
観葉植物
from 観葉植物
DREAM.7 スカパー..
from 格闘技好きのブログ!
ユーチューブ 中山功太
from かでなれおん 画像 動画 写..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧